Week weather

フォト

他のアカウント

ランキング参加中

無料ブログはココログ

タイドグラフ

歴史探訪

2020年9月17日 (木)

JR和歌山線-1 栄山寺

9月17日の誕生花  ニチニチソウ (日々草)
花言葉:      友情、楽しい思い出
917

 

91569048_2673584092739850_61559694441714

Photo_20200718073101

 

榮山寺 (えいさんじ) 奈良県五條市小島町503  
Map
吉野川に架かる橋の右下に音無し淵が在ります。
Dsc00111
Dsc00114

音無川(吉野川)を眼下に望む養老3年(719)に藤原不比等の長男藤原武智麻呂が菩提寺として創建したと伝えられる。室町時代に再建された本堂には薬師如来坐像(重要文化財)が祀られており、本堂右手には八角円堂(国宝)が立つ。八角円堂は武智麻呂の菩提を弔うために子の仲麻呂によって建立されたと伝えられており、内陣の柱や天蓋には壁画が施されているなど天平建築の中でも法隆寺夢殿と並ぶ貴重な遺構である。平安期に造られた梵鐘(国宝)は「平安三絶の鐘」の一つで四面には菅原道真の撰、小野道風の書といわれる銘文が残されている。
Dsc00119

寺務所 境内は東西に細長く、小さな山門があります
1_20200603131501

栄山寺の由緒を記した看板
2_20200603131501

延喜十七年(917)在銘の旧山城国道澄寺の梵鐘(国宝)
3_20200603131501

国宝の「梵鐘」鐘楼  藤原武智麻呂の5世の孫である藤原道明と道明の伯父の橘澄清によって寄進されたもので、当初は山城道澄寺にあった。道澄寺は藤原道明と橘澄清の名の1字ずつを取って寺号としたもので、寺は京都市伏見区深草直違橋(すじかいばし)に現存する。
310

梵鐘は、高さ157.4cm、口径89cm。平安時代の金工品を代表する名品で、京都・神護寺、宇治平等院の鐘とともに「平安三絶の鐘」として知られている。 四面に梵鐘に刻まれた銘文は、菅原道真撰で、小野道風の書と伝えられる陽鋳の銘文が施されている。
321

「塔之堂(大日堂)」大日堂ですが、大日如来像は祀られていません。中央には蝶のような美しい光背の観音さまが。その両脇に弘法大師像と、珍しい青いハチマキと腹巻をした不動明王像が祀られています。
4_20200603131701

「塔之堂」の正面には、石碑とともに「七重石塔婆」(重要文化財・鎌倉時代初期・高さ3.6m)
が立っています。それほど目立ちませんが、これは奈良時代のもので、重要文化財に指定されています。
5136 
栄山寺の「本堂」は、1553年に再建されたもので、堂内に入ると、素晴らしい仏さまが多数お祀りされています。御本尊は、本堂須弥壇上の黒漆塗厨子の中に安置されている像で、室町時代1431年作の木造漆箔寄木造り「薬師如来坐像(重文)」です。 金箔が鮮やかに残り、ふくよかで 膝の厚みもあり、どっしりとした姿で両手を禅定印(坐禅の時の手の形)に結んだ掌に薬壷を持っています。   女性的なお薬師さまで玉眼がきれいで、光背もほぼ破損なく残されています。
Photo_20200603132801
その周囲には、脇侍の日光・月光菩薩、薬師如来を守護する木造十二神将などが安置されています。
601_20200603131801

木造十二神将立像  享徳3年(1454年)、康正元年(1455年)の銘があり一年間に数人の仏師によって刻作されたと考えられる。室町時代の天部像の様式を示し頭上に十二支の標識をつけている。薬師如来坐像と木造十二神将は、国の重要文化財指定を受けています。
602

本堂前に据えられた総高243cmの石灯籠も重要文化財の指定を受けています。弘安7年(1284年)の銘があり、室町時代に造立された時の姿をよく残していると言われていますが、このように、本堂の正面真ん中に一基の灯籠を据えた様式を「榮山寺型」と言い、この型は東大寺大仏殿や唐招提寺、新薬師寺などの見本となった様式なのです。(重要文化財・鎌倉時代後期)
71_20200603131901

本堂前には「史跡榮山寺行宮阯」と刻まれた石碑があります。
600_20200603131901

本堂裏側にある資料館
62_20200603132001

本堂の右手にさらに進むと鎮守御霊神社が有ります。
63_20200603132101

地蔵尊
72_20200603132101

八角円堂 (国宝 附:旧石露盤残欠)栄山寺の最も東側に立つのが、国宝に指定されている「八角円堂」です。天平宝字年間(757~765年まで)の建立で、この時代の円堂としては、法隆寺・夢殿に並ぶもの。栄山寺の堂宇は戦国時代にほぼ全て焼失してしまいましたが、この八角円堂だけは焼け残りました。
Photo_20200603132101

八角円堂の内部は、八角形の柱が4本立っており、中央には南向きに阿弥陀如来像が祀られています。その背後には半跏の地蔵像、さらにお釈迦様と梵天像も祀られています。
80_20200603132201

薬師如来後背の上昇する曲線が非常に印象に残ります。
801_20200603132501
八角円堂の内部の壁画「内陣装飾画」も重要文化財に指定されています。天平時代の貴重なもので、最近まで剥落防止の処理が行われていたそうですが、残念ながら肉眼ではほとんど分かりませんでした。堂内には、壁画が残っている場所を示した図などもありました
81_20200603132201 
82_20200603132601
20190529091901_p1ipv1gj6n
Photo_20200629134101

                9月の新作カラー
   秋らしい古典小紋柄のトンボ・唐草・青海波・
    矢羽根がパッチワーク調にプリントされた

        落ち着いたカラーの和モダンな生地で

         大きな結帯風のリボンを作りました。
Cd8440f45c6bde26bbe3c4bfeab6ce44

リボンの端には大き目のラインストーンがキラリ☆
61b6f54d09942fbf397a5b30aa76971d

             【古典蝶々】 ¥1650(税込)

118286815_1406504846213499_8078789209042

🔹BASE店🔹
https://nekos.theshop.jp/items/33210773
🔹minne店🔹
【ピンク】https://minne.com/items/24523531
【ブルー】https://minne.com/items/24523676
🔹creema店🔹
【ピンク】https://www.creema.jp/item/10208708/detail
【ブルー】https://www.creema.jp/item/10208719/detail
 

2020年9月10日 (木)

大阪柏原市ー3 伯太彦神社・伯太姫神社

9月10日の誕生花               ダリア
花言葉:       華麗、優雅、威厳、感謝
910_20200716074001
91569048_2673584092739850_61559694441714
Photo_20200718073101


伯太彦神社は玉手山公園北に鎮座しており、妻神が祀られる伯太媛神社からは玉手山公園を挟んで北北東に位置しています。
由緒:
「近都飛鳥(チカツアスカ)の安宿郡(アスカベノコホリ)資母郷(シモノサト)にあたる柏原市玉手山の安福寺に隣接した天王台と称する丘陵上に鎮座し、創建年代は不詳ですが平安時代末期延喜式内の古社で、古くは躑躅尾社(ツツジオシャ)とも牛頭天王(ゴズテンノウ)とも称されていました。御祭神の伯太彦命は伯孫百尊とも称される田邊史の祖で、その一族が田邊史一族として玉手・円明付近に広く居住していたとの伝承があります。白鳳から奈良時代にかけて栄えた藤原氏に仕えた田邊史一族がこの地に勢力を持ち、天王の御幸もあったようです。明治4年太政官布告(神仏分離令)により安福寺より独立し、同5年村社に列しました。同42年誉田神社に合祀されましたが、その後自然災害が続いたため、白木村より神殿を求め、当地に祀られました。昭和21年社殿を合祀先から当地に復帰し若宮殿として並び再祀されました。
         地図
0_20200519081601

玉手山公園を過ぎて急な登り坂の正面に「安福寺」山門が有ります
0_20200519081701

左角に約300年前の「道しるべ」が有ります。
01_20200519081701

右に鳥居が有ります。 
1_20200519081701

道路から境内までは石段の参道となっています。
2_20200519081801

上り詰めた左に割拝殿が見えてきます。
31_20200519081801

割拝殿を潜ると正面に中門と透かし塀が見えます。
4_20200519081901

中門と本殿
Kjh

中門にかけられた大きな
51_20200519082101

中門前に置かれた「浪速狛犬」天保15年(1844) 太めの体型ですが、頭をぐっと上に伸ばし、睨みをきかせています。
41142_20200519082001

本殿 御祭神 伯太彦命(ハクタヒコ・伯太比古)・広国押武金日命(ヒロクニオシタケカナヒ) 大物主命(オオモノヌシ)本殿は畿内では珍しい入り母屋造です。
5_20200519082201

本殿内の神殿狛犬は全身が朱に塗られています。吽には頭上に角が付いていて、目には瞳が彫られています。前足には紅白のひもが付けられています。陶器製のように見えました。
531_20200519082201 52_20200519082201

本殿右側には境内社が有ります。左 若宮神社、右 稲荷神社の二社が祀られています。
6_20200519082301

境内社の右側には江戸時代まで鎮守社を務めていた「玉手山安福寺」の第二山門が見えます。
9_20200519084101
参拝を終えて登ってきた参道を戻るのですが、非常に急階段に見えて慎重に下りました。
7_20200519082401
伯太姫神社
由緒:伯太媛命を祭神とする式内社です。雄略21年頃(477)の田邊史伯孫を祀る「伯太彦神社」が北方の玉手町・安福寺隣にあり、その伯太彦命と伯太姫命とは夫婦神であると伝えられています。両社は縁起も同じだということです。一時期白山権現と呼ばれていたこの社は、明治末期から戦後まで誉田神社に合祀されていたということです。田邊史は、百済系の渡来氏族で豊城入彦命の子孫である上毛野君と主従関係があり、その一族が玉手・円明付近に広く居住していたと推測されているということです。

社号標「式内 伯太姫神社」
2_20200519085401

鳥居 境内入口。
3_20200519085601

鳥居をくぐると鬱蒼とした森の中に石段が続きます。
4_20200519085601

石段上の空間に西向きの
入母屋造の割社殿が建っています。
5_20200519085601 

拝殿前の右側(南側)に手水舎がありますが、水道の蛇口が閉められ水が入っていませんでした。
6_20200519085701

拝殿前両側に狛犬が置かれています。「浪速狛犬」天保2年(1831)作で、典型的な浪速狛犬の形を保っています。
21-21831 22_20200519085801

割拝殿から 一段高い所に中門が見えます
7_20200519085901

割拝殿を通り抜けると石垣の上に透塀と中門があり、その奥に本殿があります。
72_20200519090101

本殿は三間社流造銅板葺です。 
8_20200519090001

割拝殿の左側に末社「たのみさん祠」が鎮座しています
9_20200519091601
Photo_20200629134101

                9月の新作カラー
   秋らしい古典小紋柄のトンボ・唐草・青海波・
    矢羽根がパッチワーク調にプリントされた

        落ち着いたカラーの和モダンな生地で

         大きな結帯風のリボンを作りました。
Cd8440f45c6bde26bbe3c4bfeab6ce44

リボンの端には大き目のラインストーンがキラリ☆
61b6f54d09942fbf397a5b30aa76971d

             【古典蝶々】 ¥1650(税込)

118286815_1406504846213499_8078789209042

🔹BASE店🔹
https://nekos.theshop.jp/items/33210773
🔹minne店🔹
【ピンク】https://minne.com/items/24523531
【ブルー】https://minne.com/items/24523676
🔹creema店🔹
【ピンク】https://www.creema.jp/item/10208708/detail
【ブルー】https://www.creema.jp/item/10208719/detail
 

2020年9月 3日 (木)

大阪柏原市ー2 玉手山 安福寺

9月3日の誕生花 ブ     ルーサルビア
花言葉:  燃える思い、知恵、家族愛
93_20200716073801

 

 

 

 

91569048_2673584092739850_61559694441714
Photo_20200718073101
安福寺  大阪府柏原市玉手町7-21 

安福寺に行くには少し道中が分かりにくい。近鉄南大阪線「道明寺」下車から徒歩で約20分で到着します。「道明寺駅」から線路際を南進して左にある踏切を渡り「石川」に掛かる「玉手大橋」渡り左斜めの道を行けば、右に案内板が有ります。
1_2020051707180111_20200517071901

左折して直進左に郵便局が有りその先を右折「玉手山公園」の案内が有ります。
2_202005170720014_20200517072101
右折して道なりに左折すれば すぐに玉手山公園右折の案内板が有ります。そこは右折しないで急な坂道を直進します。左カーブの正面に安福寺の小さな山門があります。
21_20200517072701

標高約100mの玉手山の中腹です
22_20200517073401

右に伯太彦神社の入口の鳥居が有ります
Cimg5552

左角には「右あんぷくぢ道」と彫られた300年前の道標と力石が置かれています。
1_20200517073001
小さな山門をくぐると参道の両側に安福寺横穴群が広がっている。
4_20200517073301

玉手山古墳群
Os221tamatez1

これら横穴群は、谷間の凝灰岩が露出しているところに、六世紀後半から七世紀前半に作られたもので参道南側、北側に各16基、計32基確認されている。かつては古代人の住居だと考えられていた時期もあったが、石棺や陶棺、陶器などが見つかり、中には騎馬人物像などの壁画が描かれたものも発見され、古墳時代後期の横穴墓であることが分かった。
4_20200517080101

安福寺横穴群 南18号出土品北群10号横穴には、羨道の壁面に有名な線刻壁画があります。馬に乗る人物、鳥毛のような飾りを頭に付けてズボンを履く人物、被冠・帯刀し、長袖・長裾の衣服をまとった人物が描かれています。もっとも有名なものが左端の騎馬人物です。その馬は、脚の筋肉の張りまで表現されたリアルなものです。
3_20200517073501
52_20200517080101 5310

急な登りの
参道は右にカーブしていますが角には2つの祠と観音像が安置されています、
6_20200517074101

カーブを登りきると左に2番目の山門が有ります。
9_20200517074201
門をくぐると右は山 左側には大きな庫裡が有ります。
10_20200517074201

社務所の門は閉じられ御朱印は頂けませんでした。
 
12_20200517074401

右上に「鐘楼」が有ります。(上の参道からの撮影)
11_20200517074501
111_20200517074401

第三の山門が正面に見えます。右手前には「手水舎」らしき建物が見えます。
13_20200517074501 

前に行くと以前は「手水舎」として使用されていたが、石室の石棺蓋だと判明して重要文化財に指定され、手水としての使用を禁止された。現在は「割竹形石棺蓋」として展示されていました。
14_20200517074601

竹を割ったような棺形からの名前で、古墳時代前期の玉手山3号墳から出土されたものと伝わります。「割竹形石棺蓋」
141_20200517074701

第三の山門をくぐると左に安福寺本堂が有ります。正面の扉は閉められていて内陣をうかがう事は出来ませんでした。また正面には木の枝がが本堂を覆い全体が分かりませんでした。
161_20200517074801

玉手山(ぎょくしゅざん)安福寺は行基が開祖と云われています。しかし、戦国の世にあっては「一宇の堂」と表現されるほど荒廃しておりました。この安福寺再興の祖となったのが珂憶上人です。若狭の生まれと云われる珂憶上人は、幼い時江戸深川の霊山寺にて修行を行い名僧と呼ばれるまでに至った。この珂憶上人に深く帰依したのが、徳川御三家筆頭尾張第二代徳川光友公(家康の孫)。寛文年間(1661?1672)のことでありました。尾張二代目の手厚い庇護のもとに、珂憶上人は安福寺の今の原型を建立される。聖徳太子式珂憶造りと呼ばれる、本堂の丸みを持った屋根などが特徴。聖徳太子式とは、法隆寺を建立した後、渡来の大工の一部が河内の富田林に移住、その伝統を守った集団が有り、その技術を珂憶上人が採用してのことであります。 本堂には尾張徳川家の位牌が全て祭られています。
162 

第四の山門
17_20200517080801

墓地内に入ると左に地蔵が安置されていました
19_20200517081101

安福寺墓域の堂 
181_20200517081001 
安福寺 歴代管長墓碑 珂憶(かおく)は寛文10年(1670)に安福寺を復興した中興の祖人です。  
21_20200517081401
大坂夏の陣で亡くなった武将を葬った五輪塔が沢山建てられています。
20_20200517081601

安福寺復興の際、尾張藩2代藩主の徳川光友は、珂憶に、さまざまな宝物や寺田を寄進しました。
玉手は古代尾張村の本拠である安宿郡尾張郷の地です。江戸時代になっても尾張との結び付きが深く、安福寺は尾張徳川家に縁のある寺です。境内最上部には尾張藩2代藩主徳川光友公夫妻と子の廟(1625-1700)が玉手山7号墳前方部上に建てられています。
23_20200517081401 

玉手山公園東口から入って右に有る7号墳の後円部墳頂に、
珂憶上人が建てた豊臣・徳川の大坂夏の陣の両軍戦死者供養塔が有ります。
247

供養塔の下には大坂夏の陣でこの地で戦死した「後藤又兵衛基次
」の墓が有り
Cimg5643

古墳から出土した石棺が展示されています。
Cimg5644 
Cimg5645
出典
重要文化財(国指定)
山水蒔絵硯箱 徳川光友寄附(工芸品) 大阪市立美術館寄託(明治32年)
菩提樹蒔絵香筥 徳川光友寄附(工芸品)大阪市立美術館寄託(明治32年)
牡丹蒔絵硯箱 徳川光友寄附(工芸品) 大阪市立美術館寄託(明治32年)
割竹形石棺蓋 勝負山古墳出土(考古資料)(平成2年)6月29日指定
大阪府指定文化財[編集]
安福寺横穴群 1973年(昭和48年)3月30日指定、
ウィキペディア「安福寺」より



Photo_20200629134101

                9月の新作カラー
   秋らしい古典小紋柄のトンボ・唐草・青海波・
    矢羽根がパッチワーク調にプリントされた

        落ち着いたカラーの和モダンな生地で

         大きな結帯風のリボンを作りました。
Cd8440f45c6bde26bbe3c4bfeab6ce44

リボンの端には大き目のラインストーンがキラリ☆
61b6f54d09942fbf397a5b30aa76971d

             【古典蝶々】 ¥1650(税込)
118286815_1406504846213499_8078789209042
🔹BASE店🔹
https://nekos.theshop.jp/items/33210773
🔹minne店🔹
【ピンク】https://minne.com/items/24523531
【ブルー】https://minne.com/items/24523676
🔹creema店🔹
【ピンク】https://www.creema.jp/item/10208708/detail
【ブルー】https://www.creema.jp/item/10208719/detail
 

2020年8月27日 (木)

大阪柏原市-1 古墳史跡「高井田横穴公園」

8月27日の誕生花          ホオズキ (鬼灯)

花言葉:         半信半疑、いつわり
827

Photo_20200716073301

Photo_20200718073101

 

大阪には大規模な「世界遺産 堺・古市古墳群」が有りますが、柏原市に大阪には2か所しか無い横穴古墳が有ります。小生宅から大和川河川敷を 徒歩で約40分初めて見学に行きました。左 奈良方面から右大阪湾に流れるのは「大和川」左正面から合流するのは「石川」 大雨の時は「柏原市役所」前の合流点は湖のようになります。

1_20200515080901 

大阪湾から18・4kの標識
10_20200515082201

高井田横穴古墳群公園入口

11_20200515082301

史跡高井田横穴公園 マップ
30_20200515082301

大阪府と奈良県境の近く大和川と石川の合流点 河内平野に注ぎ込むその右岸にあり、1000万年前以上も前に噴火した二上山の火山灰が堆積して形成された凝灰岩の岩盤を5世紀中頃から7世紀前半にかけて 掘削して造られたものです。凝灰岩は軟質で、横穴を掘削するには最適の岩盤で壁面と天井の境には家屋の軒先を模したと言われる切込み段が見られ、これが高井田古墳の特徴です。

100_20200515080801

石室奥壁  横穴式石室の原型 高井田山古墳の石室は、近畿地方で5世紀以降に展開する石室の原型として 大変重要な意義をもっています。この高井田山型のルーツは、形態や構造的な類似から朝鮮半島・百済の石室から伝られたと思われますが、全く同じ形の石室はなく、その構築技術が近畿地方にもたらされたと理解さます。大和王権の列島における政治的優位性の確立と積極的な対外交流の結果もたらされたものであり、5世紀から6世紀にかけての東アジアの政治情勢の一端を物語っています。
横穴古墳の断面図
100_20200515082101
奥にある玄室には、3体ほどの遺体が納められたと考えられています。
101_20200515082101
103_20200515082101

墳丘中央にある横穴式石室は、南に開口する右片袖式の石室です。玄室から見て、羨道が左側に寄って取り付き、右側が壁となるので右片袖式と言います。玄室の長さ3.73m、幅2.34m、羨道の長さ2.0m、幅1.18mの規模です。羨道は、多数の石を積み上げて閉塞されていました。
1121

これまでの調査により、全部で162基の横穴が発見されており、全国でも有数の規模をもつ横穴群である。未発見を含めると200位はあるのではないかと推定されている。大阪府下では、安福寺(玉手町)横穴群とともに、柏原市域にのみ見られる墓制である。 
11_20200515082501
1133

横穴は中世あたりに、倉庫や堆肥小屋として用いられていたような形跡もあり、いたずら書きも沢山残されているが、横穴群を一躍有名にした船・人物の線刻画。この線刻画は大正6年(1917)に発見され、「ゴンドラ形の船に乗る人物」とか「人物の窟」とか呼ばれている。描かれた服装は、当時の衣装を記録したものとして貴重な資料とされている。その後ぞくぞく古墳時代の線刻画が発見され、1922年には横穴の一部が国の史跡に指定された。
150
15_20200515082701
141_20200515082801 143

公園内に柏原市立歴史博物館が有り出土品が展示されています。
20_20200515083001

    須恵器出土状況・須恵器・土師器
201_20200515083101
202_20200515083101
204_20200515083101

古代のアイロン、火熨斗(ひのし)の出土は、国内では2例目であるが、中国・朝鮮では多く出土している。百済の武寧王陵では、王妃(526年没)の副葬品として出土している。高井田山古墳でも、玄室には副葬品から見て二人埋葬されていた可能性が高く、火熨斗が出た方の棺からは中国産の鏡も見つかっている事から、こちらも女性の可能性が高い
207





Photo_20200629134101


    8月の新作カラー

 夏にぴったりなトリコロールカラーのギンガム

チェックで大きなリボンをキュッと結びあげました♪

リボンの端には華奢なホワイトトーションレースを

       2本並べました。
115843126_1380877638776220_5765498806958

   【トリコロールリボン】 ¥1650(税込)
116236276_4391064197578291_8418635440652

🔹BASE店🔹
https://nekos.theshop.jp/items/32167270

🔹minne店🔹
https://minne.com/items/23802696

🔹creema店🔹
https://www.creema.jp/item/10021411/detail

2020年8月20日 (木)

出雲 素戔嗚尊ー4 稲田神社

8月20日の誕生花    エキナセア

花言葉:             優しさ、深い愛
820

Photo_20200716073301
Photo_20200718073101
               
             出雲15神社巡り 最終回

意宇六社
      熊野大社・神魂神社・八重垣神社・真名井神社・
 ブログ       5月7日  5月14日  5月21日   5月28日

             六所神社・揖夜神社
ブログ  6月4日  6月11日

出雲四大神4社
     熊野大社・出雲大社・佐太神社・能義神社
ブログ   5月7日 6月25日 7月2日  7月9日

神在り月当番順4社
     朝山神社・出雲大社・佐太神社・万九千神社
ブログ   7月16日 6月25日 7月2日  7月23日

須佐之男命 関連5神社
      須佐神社・須賀神社・八重垣神社・斐伊神社・
ブログ      7月30日  8月6日    5月21日      8月13日

              稲田神社
ブログ   8月20日
稲田神社(いなだじんじゃ)島根県仁多郡奥出雲町稲原2128-1  JR出雲横田駅から車で5分
須佐之男命(すさのおのみこと)
の正妻である、奇稲田姫(くしなだひめ) を祀った神社です。
2_03

船通山(せんつうざん)は、鳥取県日南町と島根県奥出雲町の県境にある標高1,142mの山です。
0_20200504075501
Photo_20200504081401

島根県鳥取県境に位置する奥出雲町の船通山が「素戔嗚尊(すさのおのみこと)」が 降臨した場所といわれ、宍道湖に注ぐ斐伊川の源流になります。山腹にはオロチのすみかといわれる鳥上の滝
41_20200504081301

  道中には「かたくり」の群生地もあります。
Photo_20200504081601 

『古事記』によれば船通山(出雲地方では古来より「鳥上山(鳥髪山)」あるいは「鳥上峰(鳥髪峰)」とも呼ばれる)の麓へ降臨した須佐之男命 は八岐大蛇(やまたのおろち)を退治し、大蛇の尾から得た天叢雲剣を天照大神に献上したという。八岐大蛇 を退治したといわれる舞台の山頂には、天叢雲剣出顕之地の碑があります。 比婆道後帝釈国定公園の一部です。登山道入り口から約1時間で山頂に着きます。
Photo_20200503081201
稲田神社は八岐大蛇退治に登場する須佐之男命(すさのおのみこと) の妻「奇稲田姫(くしなだひめ)の生誕之地とされる稲田地区に建つ神社です。稲田姫 は足名椎命(アシナヅチ)・手名椎命(テナヅチ)の8人の娘の中で最後に残った娘で、ヤマタノオロチの生贄(いけにえ)にされそうになっていたところを、須佐之男命(すさのおのみこと) により姿を変えられて櫛(くし)になり、守られ、助けられます。

月岡芳年「素戔嗚尊(すさのおのみこと)出雲の簸川上(ひのかわかみ)に八頭蛇(やまだのおろち)を退治し給う図」(県立古代出雲歴史博物館蔵)

1_20200503081201

左に駐車場が有りますが 境内にも駐車場があり車で鳥居をくぐり、社殿前まで行けます。写真手前の左右に小さな灯篭が有る所は清流の小川が有ります。夏には「ホタル」が飛び交います。
0_20200503081501
100_20200504083201
     参道は舗装されています。
10_20200503081701

          鳥居の扁額
12_20200503081801

鳥居をくぐった所 左に案内板が有ります。
12_20200503081802

その隣に「奇稲田姫(くしなだひめ)」誕生の地の石碑が立っています。 

22_20200503081801

          左に手水舎
23_20200503081901

          正面に拝殿
301_20200503081901
302

普通何処の神社でも注連縄
(しめなわ)外側に張っているが、ここは内側に張ってる。
31_20200504073201

         前拝殿 内陣
32_20200503082001

拝殿は奥にもあって、本殿は二つ目の拝殿の奥に鎮座している。
33_20200503082101

        二つ目の拝殿内陣
33_20200504073301

         立体的な神紋
42_20200503082101
Photo_20200504073401

拝殿右には 稲田姫・スサノオの像・八岐大蛇 を退治した時に飲ませた酒を入れたツボが置かれた庭園が有ります。
51_20200503082201

     伝説の美女、??稲田姫
53_20200503082101

          スサノオ像
54

          酒壺
Photo_20200504073901

社務所 兼 蕎麦屋 「ゆかり庵」さんが庭園の横に有ります。奥出雲産蕎麦粉を100%使用した香り高い十割そばと、スタッフ自ら育てた野菜の郷土食がいただけます。なかでも幻の在来種「横田小そば」を使った香りが高く、野趣に富んだ風味と歯ごたえが楽しめる 。県外からも多くの参詣者が利用されていて奥出雲のグルメスポットにもなっています。
6_20200503082301

      室内からも庭園を望めます。
80299935_2252226261545539_27051932559888
Timthumb

稲田神社から徒歩10分ほどの所に「元宮跡」が有ります
65

神社の周辺には、稲田姫の生まれた時に使われた「産湯の池」が有ります
82_20200504082801
81_20200503082301

周囲にこんもり茂った「笹の宮」と言う竹藪があり、稲田姫ご誕生の時、ここの笹でへその緒を切ったという由緒があるそうです。
71_20200503082401
出雲15社巡りは今回で終わりますが 神話の世界

高天原 天孫降臨 は只今各地に足を運び勉強中です。

まとまり次第 後日 更新していきます。


Photo_20200629134101


       8月の新作カラー

 夏にぴったりなトリコロールカラーのギンガム

チェックで大きなリボンをキュッと結びあげました♪

リボンの端には華奢なホワイトトーションレースを

       2本並べました。
115843126_1380877638776220_5765498806958

   【トリコロールリボン】 ¥1650(税込)
116236276_4391064197578291_8418635440652

🔹BASE店🔹
https://nekos.theshop.jp/items/32167270

🔹minne店🔹
https://minne.com/items/23802696

🔹creema店🔹
https://www.creema.jp/item/10021411/detail

2020年8月13日 (木)

出雲 須佐之男命-3 斐伊神社

8月13日の誕生花          サギソウ (鷺草)

花言葉:           繊細、清純、発展
813

 

Photo_20200716073301

Photo_20200718073101

                出雲15神社巡り

 

意宇六社
      熊野大社・神魂神社・八重垣神社・真名井神社・
 ブログ       5月7日  5月14日  5月21日   5月28日
             六所神社・揖夜神社
ブログ  6月4日  6月11日
出雲四大神4社
     熊野大社・出雲大社・佐太神社・能義神社
ブログ   5月7日 6月25日 7月2日  7月9日  
神在り月当番順4社
     朝山神社・出雲大社・佐太神社・万九千神社
ブログ   7月16日 6月25日 7月2日  7月23日 
須佐之男命 関連5神社
      須佐神社・須賀神社・八重垣神社・斐伊神社・
ブログ      7月30日  8月6日    5月21日      8月13日
               稲田神社
ブログ    8月20日

 

 

須佐之男命
2012年に『古事記』は編纂1300年を迎えました。『古事記』に登場する神話は、『出雲神話』がおよそ三分の一を占めており、中でも須佐之男命(すさのおのみこと) のオロチ退治は全国的にも有名で、出雲神話のハイライトといえます。その舞台となった、雲南市や奥出雲町などに残るオロチ伝説ゆかりの地をめぐり、神話の世界と地域の魅力をご紹介します。父神の命令を聞かず、亡き母に会いたいと泣き続ける須佐之男命を父神は追放します。須佐之男命は姉である日の神、天照大神(あまてらすおおみかみ)のいる高天原(たかまがはら)に行きますが、そこで散々乱行を働いたために天照大神は岩屋戸に隠れてしまいます。日の神が隠れたことにより世界は暗闇となり災いが訪れ、これは大変と高天原の八百万(やおよろず)の神たちは計略をもって天照大神を岩屋戸から引き出し、須佐之男命を追放します。またもや追放された須佐之男命が降り立ったのが、島根県奥出雲町の鳥髪(とりかみ)という地でした。(出雲市を流れる斐伊川の源流である船通山にあたります。)そこからしばらく行くと、美しい娘「奇稲田姫(くしなだひめ)」と老夫婦が泣いており、聞けば恐ろしいヤマタノオロチに娘が食われてしまうといいます。須佐之男命は娘を嫁にもらうのと引き換えに、ヤマタノオロチを退治することになりました。
Photo_20200501154301


斐伊神社  雲南市木次町里方字宮崎463
この神社はJR木次線・木次駅の北約1.2km、線路脇に神社の入口があります。
0_20200501153301

           境内図
Keidai_hii
   線路に向かって中央に一の鳥居 
11_20200501153401

    鳥居左に 手水舎 が有ります。 
2_20200501153501

    鳥居右に 社号標 が有ります。 
31_20200501153501
22_20200501153501

         一の明神鳥居
4_20200501153601

     石段参道脇にいる出雲狛犬
5_20200501153601  51_20200501153601
  
  石段参道途中の踊り場に立つ二の明神鳥居

7_20200501153701

   石段を上がりつめた所から見る拝殿 
8_20200501153701

        入母屋造りの拝殿

9_20200502060701

拝殿に掛かる 扁額 

91_20200502060801

          拝殿 内陣
10_20200501153701

     弊殿と大社造変態の本殿
神社の由緒は紀元前にまで遡ると伝えられ、出雲国風土記には樋社(ヒノヤシロ)として斐伊神社と樋速夜比古神社(ヒハヤビコノヤシロ)の二社が記されていますが、天平時代(710~784年)に現在の斐伊神社に統合されました。このため、以前は斐伊神社と八岐大蛇の頭を埋めた八本杉は同じ境内にあったと考えられています。古くから地域住民の氏神として崇められており、境内には本殿のほか稲荷神社、火守神社、八幡宮が鎮座されています。また、斐伊神社は関東地方に分布する氷川神社のルーツと言われています
112_20200501154001

   境内社:廿原神社・稲荷神社
12_20200501154001

      境内社:日宮八幡宮
13_20200501154101

   境内右手に階段が有り社殿が見えます。
151_20200501154101
152

       境内社:火守神社
161_20200501154301

本社の西100メートルほどのところに八本杉と呼ばれる飛び地境内がある。この八本杉は素盞嗚尊が八岐大蛇を退治した場所と伝承されている。
10_20200501154601

素盞嗚尊 が八俣の大蛇を退治し、再び生き返って人々に危害を与えないように八つの頭をこの地に埋め、その上に杉を植えられた場所です。そして、後にその様子素盞嗚尊 になぞらえて 「我たのむ人を恵みの杉を植えて、八重垣かこみ守る末の代」 と詩に詠まれた地です。
201_20200501154701
高天原 天孫降臨 は 後日紹介します。



Photo_20200629134101


          8月の新作カラー

 夏にぴったりなトリコロールカラーのギンガム

チェックで大きなリボンをキュッと結びあげました♪

リボンの端には華奢なホワイトトーションレースを

       2本並べました。
115843126_1380877638776220_5765498806958

   【トリコロールリボン】 ¥1650(税込)
116236276_4391064197578291_8418635440652

🔹BASE店🔹
https://nekos.theshop.jp/items/32167270

🔹minne店🔹
https://minne.com/items/23802696

🔹creema店🔹
https://www.creema.jp/item/10021411/detail

2020年8月 6日 (木)

出雲 須佐之男命-2 須賀神社

8月6日の誕生花  ノウゼンカズラ (凌霄花)

花言葉:                名誉、栄光
86
Photo_20200717094801
Photo_20200718073101
出雲15神社巡り


意宇六社

      熊野大社・神魂神社・八重垣神社・真名井神社・
 ブログ       5月7日  5月14日  5月21日   5月28日

             六所神社・揖夜神社
ブログ  6月4日  6月11日


出雲四大神4社

     熊野大社・出雲大社・佐太神社・能義神社
ブログ   5月7日 6月25日 7月2日  7月9日


神在り月当番順4社

     朝山神社・出雲大社・佐太神社・万九千神社
ブログ   7月16日 6月25日 7月2日  7月23日


須佐之男命 関連5神社

      須佐神社・須賀神社・八重垣神社・斐伊神社・
ブログ      7月30日  8月6日    5月21日      8月13日

              稲田神社
ブログ   8月20日
須佐之男命

2012年に『古事記』は編纂1300年を迎えました。『古事記』に登場する神話は、『出雲神話』がおよそ三分の一を占めており、中でも須佐之男命 (スサノオノミコト)のオロチ退治は全国的にも有名で、出雲神話のハイライトといえます。その舞台となった、雲南市や奥出雲町などに残るオロチ伝説ゆかりの地をめぐり、神話の世界と地域の魅力をご紹介します。父神の命令を聞かず、亡き母に会いたいと泣き続ける須佐之男命を父神は追放します。須佐之男命は姉である日の神、天照大神(あまてらすおおみかみ)のいる高天原(たかまがはら)に行きますが、そこで散々乱行を働いたために天照大神は岩屋戸に隠れてしまいます。日の神が隠れたことにより世界は暗闇となり災いが訪れ、これは大変と高天原の八百万(やおよろず)の神たちは計略をもって天照大神を岩屋戸から引き出し、須佐之男命を追放します。またもや追放された須佐之男命が降り立ったのが、島根県奥出雲町の鳥髪(とりかみ)という地でした。(出雲市を流れる斐伊川の源流である船通山にあたります。)そこからしばらく行くと、美しい娘「奇稲田姫(くしなだひめ)」と老夫婦が泣いており、聞けば恐ろしいヤマタノオロチに娘が食われてしまうといいます。須佐之男命は娘を嫁にもらうのと引き換えに、ヤマタノオロチを退治することになりました。
Photo_20200501154301

      
須我神社 島根県雲南市大東町須賀にある神社        
島根県の東部に位置し、松江市と出雲市に隣接する雲南市にあります。JR木次線出雲大東駅から県道24号線を東におよそ10km余、八雲山の西南麓、大東町須賀に鎮座しています。島根県松江市より大東市へ入ると、道沿い左に大鳥居が見えます。
日本初の宮殿和歌発祥の地 古事記・日本書紀に記載されている「須賀宮(すがのみや)」であり、日本初之宮(にほんはつのみや)です。古事記によると、肥河上(現斐伊川)で八岐大蛇を退治した須佐之男命は、自分の住居となる宮を求めてこの出雲国須賀にやってきました。その際「吾此地に来まして、我が心須賀須賀し」 と言い、この地は須我といわれるようになりました。そして宮殿が出来上がった時に、美しい雲が立ち上がるのを見て「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠めに 八重垣つくる その八重垣を」と御歌を詠みました。 三十一文字和歌発祥の地、さらにはこの御歌の出雲が出雲の国名の起源でもあります。須佐之男命(すさのおのみこと)と妻の稲田比売命(クシナダヒメ)、両神の子の清之湯山主三名狭漏彦八島野命(すがのゆやまぬしみなさろひこやしまのみこと。八島士奴美神)を主祭神とし、諏訪大社の分霊の武御名方命を配祀する

県道24号線脇に本殿へと続く参道の入り口にある大鳥居。石造りの鳥居としては山陰最大です。
0-1

大鳥居を車でくぐり左右に民家が有る参道を走ります。
0-2

突き当りに鳥居が見えます。左に夫婦松 水中に松が自生しているのは珍しく、しかも一つの下部から男松と女松が生じているのは他に例がなく、縁結びのご利益に預かれる事からご縁結びの夫婦松と言われております。
10_20200502074001

右手には日本初之宮の二の鳥居が有ります。
Photo_20200502074201
20_20200502075901
21_20200502074401

鳥居をくぐると右に手水舎。
22_20200502074101

その後ろに石碑が有ります。
23_20200502074201

左には「縣社須我神社」の社号標、昭和拾二年拾月の日付があります。
正面階段上に瓦葺の随神門が有ります。
4-1

左右に随神像が祀られています。
41-2_20200502074401

随神門を入ると社務所、授与所、正面一段上鬱蒼とした樹木に囲まれて社殿が見えます。

6_20200502074801

階段右下
には須佐之男命が詠んだ歌碑があります。宮殿を建てた後、美しい雲が立ち騰がるのを見て「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を」です、このことから和歌発祥の地とされています。
5_20200502074701

和歌の石碑の前に手水舎の無い手水が有ります。
51_20200502074501

須佐之男命が 
建てた宮殿が日本初の宮殿ということで「日本初之宮」と 呼ばれ、この宮殿がそのまま神社になったと伝えられています。
8_20200502074901

素木の額には「日本初之宮 須我神社」とあります。神紋は亀甲の中に「八雲」が描かれています。 
81_20200502075001

拝殿内の扁額は公爵 近衞文麿の書と言われています。奉献 昭和丁丑 仲秋」とありますので昭和12年(1937)の奉納と思われます。
82_20200502075001

昔の面影を残して左にお寺(普賢院)境内が隣接しています。
91_20200502074601

 手前の拝殿と奥の本殿からなる大社造りの神社社殿。両側には高さ10mの二本の杉のご神木が建ちます。
拝殿と出雲造りの本殿の本格的な社です。御祭神は宇能遲比古命、須我禰命 櫛名田姫命 手名椎命 事湯津比古命 少彦名命 足名椎命 伊邪那岐命 大山祇命が合祀されています。
Photo_20200502075201

海潮神社(
うしおじんじゃ)右は荒神社です。御祭神は不明ですが、五穀成就 家畜安全 守護荒神社とあります。本殿の左側には境内社が建ち並ぶが、それぞれ村制時代の各集落氏神を合祀したもので、個別の神社としても遜色がない。
15_20200502075301

境内社・若宮神社 荒神社の右に並んであります。御祭神は伊邪那岐命、宇迦之魂神 須佐之男命 火産靈命が合祀されています 。周囲には小さな狛犬、稲荷神社も合祀されていますので狛狐も見られます。
16_20200502075701
 
御親神社、社日神社が奥にあります。
161_20200502075801

御仮殿 若宮神社に続いてあります。御仮殿の名の通り、遷宮等の時の臨時の社と思われます
17_20200502075801

境内社・虚空社(こくうしゃ)社殿左、隣接するお寺(普賢院)との境界付近にあります。虚空蔵菩薩が奉祀されています。
18_20200502075801
20191118111513e1576488859487
須我神社の『奥宮(おくのみや)』
島根県の奥出雲といわれる雲南市にある「須我神社」から約2キロ離れた八雲山(御室山/みむろやま)の中腹に、奥宮が有ります。須賀の地名は、スサノオノミコトがこの地に至ったとき「我が御心清々し」と言われたことに由来しているそうです。
1_20200502081201

社殿から
登山口までは、約2km。車でも行きました。登山口近くの駐車場に車を置いて、登る道のりは約400m。
2-2km

登山口の石碑に「八雲山文学碑の径」と記されているように、登山道には数多くの歌碑が並べられていました。ここは和歌発祥の地。一歩一歩、歌を眺めながら進みます。
31_20200502081201

奥宮に続く参道。60基の歌碑句碑が建立されています。多くの詩歌、文学の道を志す方の奉納詩歌を献詠され、三ヶ月間の作品の中から秀作の発表・掲示が行われています。
61_20200502081901

少し登ると、『禊場』がありました。神域を示す縄が張られ、湧水が勢い良く流れ出ています。「不老長寿 神泉坂根水」  
5_20200502081301
51_20200502081301

しばらくすると、鳥居が見えてきました。鳥居を潜ると、奥宮までは真っすぐ、木階段を登っていきます。
6_20200502081401

夫婦岩・・・奥宮です。
70_20200502081501

大きな岩座が、須佐之男命(スサノオノミコト)中ほどの岩座が、奇稲田比売命(クシナダヒメノミコト)小さな岩座が、清之湯山主三名狭漏彦八島野命(スガノユヤマヌシミナサロヒコヤシマノミコト)と言われます
71_20200502081601



Photo_20200629134101


     8月の新作カラー

 夏にぴったりなトリコロールカラーのギンガム

チェックで大きなリボンをキュッと結びあげました♪

リボンの端には華奢なホワイトトーションレースを

       2本並べました。
115843126_1380877638776220_5765498806958

   【トリコロールリボン】 ¥1650(税込)
116236276_4391064197578291_8418635440652

🔹BASE店🔹
https://nekos.theshop.jp/items/32167270

🔹minne店🔹
https://minne.com/items/23802696

🔹creema店🔹
https://www.creema.jp/item/10021411/detail

2020年7月30日 (木)

出雲 須佐之男命-1 須佐神社

7月30日の誕生花  ニチニチソウ (日々草)

花言葉:       友情、楽しい思い出
730
Photo_20200703061301
Photo_20200717094701
             出雲15神社巡り

 

意宇六社
      熊野大社・神魂神社・八重垣神社・真名井神社・
 ブログ       5月7日  5月14日  5月21日   5月28日

             六所神社・揖夜神社
ブログ  6月4日  6月11日

 

出雲四大神4社

 

     熊野大社・出雲大社・佐太神社・能義神社
ブログ   5月7日 6月25日 7月2日  7月9日
神在り月当番順4社
     朝山神社・出雲大社・佐太神社・万九千神社
ブログ   7月16日 6月25日 7月2日  7月23日
須佐之男命 関連5神社
      須佐神社・須賀神社・八重垣神社・斐伊神社・
ブログ      7月30日  8月6日    5月21日      8月13日

              稲田神社
ブログ   8月20日
須佐神社  出雲市佐田町須佐730  0853-84-0605
山陰道斐川ICよりR9をJR出雲市駅方面、R184経由立久恵峡方面へ。車で約30分
今回から須佐之男命(スサノオノミコト)に関係の深い神社4社を紹介します
素戔鳴尊とは古事記に見えるスサノオ誕生はイザナギの禊に由来する。黄泉の国へ死した妻に逢いに行き、帰ってきたイザナギは、その穢れを落とすため禊を行います。着ていた衣服や体に憑いた垢などから様々な神様が誕生していきます。

最後に顔を洗ったときに三貴子と呼ぶべき尊い神様が誕生します。左目を洗ったときにアマテラス、右目を洗ったときにツクヨミ、鼻を洗ったときにスサノオが誕生したのでした。スサノオは海原を統治するように命じられますが、全く言う事を聞かず、母に会いに根の国へ行きたいと泣いてばかり。愛想を尽かせたイザナギは根の国(日本)へ行くことを命じたのでした。
出雲へ降臨すると一転して英雄的な性格となる。八岐大蛇退治の英雄譚は優秀な産鉄民を平定した象徴と見る説も根強く、草薙剣の取得はその象徴であるとの解釈も多い。
日本初の和歌を詠んだり、木の用途を定めたりなど文化英雄的な側面もある。これは多数の伝承をまとめて一つの話にしたためとする説もある。また、前述の『日本書紀』における新羅の曽尸茂梨に降りたという記述から、元々は新羅の神ではないかという指摘もある。 
神名の「スサ」は、荒れすさぶの意として嵐の神、暴風雨の神とする説や(高天原でのスサノオの行いは暴風雨の被害を示すとする)、「進む」と同根で勢いのままに事を行うの意とする説、出雲西部の神戸川中流にある須佐(飯石郡須佐郷)に因むとする説(スサノオは須佐郷の族長を神格化したものとする)がある。
『記紀』神話においては出雲の神の祖神として書かれているスサノオであるが、『出雲国風土記』では彼はあまり登場せず、意宇郡安来郷や飯石郡(いいしのこおり)須佐郷などの地名制定や御子神たちの説話が書かれており、八岐大蛇退治の説話は記載されていない。


出雲国(現:島根県)東部の奥出雲町にはスサノオが降臨したといわれる鳥髪峰(現:船通山)、それに隣接する安来市は彼が地名をつけたという風土記の記述もある。また、前述の通り八岐大蛇退治は産鉄民の平定を象徴すると見る説があるが、これらの地域は古代より[たたら製鉄]
が盛んだった流れから、現在でも島根県では日立金属安来工場や冶金研究所などが日本美術刀剣保存協会とともにこの地域で古式にのっとったたたら製鋼を行っている。
スサノオ 主な別名

建速須佐之男命:たけはやすさのをのみこと
速須佐之男命:はやすさのをのみこと
速素戔鳴尊:はやすさのをのみこと
神素戔鳴尊:かむすさのをのみこと
素盞鳴尊/素戔鳴尊/素戔烏尊:すさのをのみこと
神須佐乃烏命/神須佐能袁命:かむすさのをのみこと
須佐能袁命:すさのをのみこと
速須佐能雄命:はやかむすさのをのみこと
須賀神:すがのかみ
2012年に『古事記』は編纂1300年を迎えました。『古事記』に登場する神話は、『出雲神話』がおよそ三分の一を占めており、中でも須佐之男命 のオロチ退治は全国的にも有名で、出雲神話のハイライトといえます。その舞台となった、雲南市や奥出雲町などに残るオロチ伝説ゆかりの地をめぐり、神話の世界と地域の魅力をご紹介します。父神の命令を聞かず、亡き母に会いたいと泣き続ける須佐之男命 を父神は追放します。スサノオは姉である日の神、天照大神(あまてらすおおみかみ)のいる高天原(たかまがはら)に行きますが、そこで散々乱行を働いたために天照大神は岩屋戸に隠れてしまいます。日の神が隠れた事により世界は暗闇となり災いが訪れ、これは大変と高天原の八百万(やおよろず)の神たちは計略をもって天照大神を岩屋戸から引き出し、スサノオを追放します。またもや追放された須佐之男命 が降り立ったのが、島根県奥出雲町の鳥髪(とりかみ)という地でした。(出雲市を流れる斐伊川の源流である船通山にあたります。)そこからしばらく行くと、美しい娘「奇稲田姫(くしなだひめ)」と老夫婦が泣いており、聞けば恐ろしいヤマタノオロチに娘が食われてしまうといいます。須佐之男命 は娘を嫁にもらうのと引き換えに、ヤマタノオロチを退治することになりました。
Photo_20200501154301

『出雲国風土記』にも登場する古社、須佐神社は、島根県中部を南北に流れる神戸川の支流、須佐川のほとりにあります。
332bcf0efd79472ea9eaea3bd524b521

この地は日本神話の中でヤマタノオロチを退治した英雄「須佐之男命(スサノオノミコト)」に関わりが深く、『出雲国風土記』の須佐郷の条には、須佐之男命
がこの地に来て最後の開拓をし、「この国は小さい国だがよい国だ。自分の名前は岩木ではなく土地につけよう」と言って「須佐」と命名し、自らの御魂を鎮めたと記されています。
Photo_20200430071601

全国には須佐之男命
ゆかりの神社が数多くありますが、須佐神社は唯一、須佐之男命 の御魂を祀る神社で、祭神は須佐之男命 のほか、妻である稲田比売命(イナタヒメノミコト)と、その両親である足摩槌命(アシナズチノミコト)、手摩槌命(テナヅチノミコトと、オロチ退治に登場する四神が祀られています。
 
国道184号線から注意しなくては見落としてしまうような、住宅街の細い道を左折すれば右に大きな駐車場が有ります。
0_20200430072401

駐車場を出て右折すれば鳥居に出ます。鳥居のすぐ目の前には、方位を示すように十二支が書かれている不思議なマンホールが設置されていました。
01_20200430072601

須佐神社の鳥居です。
1_20200430072701 
11_20200430072701

鳥居を入ってすぐ右手に手水舎のない手水があります。
2_20200430072801

手水処のそばに、石を集めた亀の石が有ります。
21_20200430072901

参道中央に随神門 があります。随神門の左右に、極彩色の稚拙な随神像が安置されています。外から入ってくる邪霊を追い払うそうです。
左に豊磐間戸神 ( とよいまわどかみ ) と右に櫛磐間戸神 ( くしいわまどかみ )左右から見張っています。 
31_20200430073201 32_20200430073201

随神門をくぐり抜けてすぐ、参道の左右に末社が鎮座しています
   西末社・         東末社
5_202004300740014_20200430073901

祭神 天忍穂耳命(アメノオシホミミ)・天穂日命(アメノホヒ)・天津彦根命(アマツヒコネ)・活津彦根命(イキツヒコネ)・熊野樟日命(クマノクスヒ)市杵嶋姫命(イチキシマヒメ)・田心姫命(タゴリヒメ)・湍津姫命(タギツヒメ) 所謂宗像三女神。天照と須佐之男命 との誓約(ウケヒ)によって成りでた五男三女の神々で、成りでたとき、天照が須佐之男命 に「吾の持ち物である玉を物実として成りでた5男神は吾の子で、汝の剣を物実として成りでた3女神は汝の子である」と仰せられた、とある神々で(古事記)、筆頭に記す天忍穂耳命は天皇家の始祖

東末社の裏手には、「 塩井(しおのい) 」と呼ばれる小さな池があります。須佐之男命がこちらの潮を汲んで、この地を清めたと言われています。
6_20200430074201

塩井は 「 出雲 稲佐の浜 」 につながっているそうで、満潮の時には周りの地面に潮の花が咲くそうです。
潮の干満で、池の水位が変わると言われます。
61_20200430074301

塩井の隣には、神楽殿があります。
7_20200430074401

参道正面は「拝殿」です。
8_20200430074501
81_20200430074701 
823

拝殿の右隣には、御朱印・お守りなどが授与される社務所があります。
10_20200430074901
101_20200430075001

御本殿は1861年に建築された「大社造り」の建物で、島根県の重要文化財に指定されています。大社造とは、四方の柱の間に一本ずつの柱がある。即ち方二間で中央に真柱がある。中央と右中間の柱との間を壁でとじ、その奥を神座とする。向かって右方一間を入口とし階 (きざはし) をつくる。この入口が右方に偏っていることは、他の神社や仏寺には全く例のないことで、神社と住宅が分離しない原始の建築を伝えている。屋根は切妻栩葺 (きりつまとちぶき) で妻の方に入口がある。
9_20200430075201

拝殿と社務所の間を通り、御本殿の裏手に回ると「稲荷社 があります。祭神は稲倉魂命である。
131_20200430075401 

本殿背後の疎林の中に三穂社(下社・下の御前社ともいう)が鎮座しています。祭神 三穂津比売命(ミホツヒメ)・事代主命(コトシロヌシ)・三穂津比売命・高皇産霊尊の娘で大物主命(大国主命の別名)の后・事代主命 大国主命の御子で、国譲りに際して父神に国を譲るように進言したとの神で、いずれも松江市美保関の美保神社の祭神。
132 

社殿の後ろには樹齢1300年と推定される「神木 大杉さん」が、この地を守るかのように立っています。幹周りは6メートル、樹高は24メートル余りのまれに見る巨木です。
121_20200430075601 
   
神木の前には、記念品の 「大杉さんの木精」 が置いてあります。大杉さんの葉を、塩井の水を清めたありがたい記念品とか。
13_20200430075601

天照社 祭神は天照大神。神社の前の道路を挟んで向かい側にある。
14_20200430080301

上の御前さんとも呼ばれる。中世には伊勢宮と呼ばれた
141_20200430080801
142

境外社
厳島神社 祭神は市杵嶋姫命、田心姫命、湍津姫命(宗像三女神)である。洗度社、祓戸社とも呼ばれる。
須賀神社 祭神は素戔嗚尊である。才神楽さんとも呼ばれる。



Photo_20200629134101

                         ☆NEW ARRIVAL☆

これからの季節に大活躍すること間違いなしのオーバーサイズ・
プルオーバーを2柄✖️2デザインご用意いたしました😽
今回も通気性の良いお揃いの夏マスクとセットでお届けします♪😷

どちらも猫の模様がプリントされた通気性の良い上質なさらさら
コットンローンにベースにした着回し抜群のプルオーバーです♪
《minne》
https://minne.com/yukanekos

《BASE》
https://nekos.theshop.jp/

《creema》
https://www.creema.jp/c/nekos

✉送料無料✉
\ブラックキャット/
\ドローイングキャット/
コットン100% ボートネック切替プルオーバー+マスクセット

2_20200629134101
4_20200629134101

✉送料無料✉
\ブラックキャット/
\ドローイングキャット/
ウエストリボン付き切替プルオーバー+マスクセット

6_20200629134201
8_20200629134201

マスクのみの2枚セットもご用意しております😷

コットン100%ローンとWガーゼで作ったお肌に優しい快適夏マスクの2枚セットです。
上下端はアクセントカラーでパイピングしました♪

通気性が良く、より快適に呼吸がしやすいように、中心部分の立体を高く、サイズも大きめに作りました。
中心部で中綴じしてありますので内布を吸い込むこともなく、お洗濯しても型崩れしにくくなっています。
耳が痛くなりにくい優しい付け心地のウーリースピンテープを30cmお通して結ばずにお届けします。

男性にもお使いいただける縦14cm×横 21cm の大きめサイズです。
 

106413912_4247583521926360_6969637605345 


              7月の新作カラー


               涼しげなパステルカラーの空に
           カモメや雲が描かれた爽やかな生地で
               大きな丸いリボンを作りました。
21_20200701050501
       リボンの縁取りは配色ストライプで爽快に♪
     リボンの下には熱帯魚のチャームを付けました。
24_20200701050601

【カモメリボン】 ¥1600(税込)
🔹BASE店🔹
https://nekos.theshop.jp/items/31109099

🔹minne店🔹
【ピンク】https://minne.com/items/23702477
【グリーン】https://minne.com/items/23701145

🔹creema店🔹
【ピンク】https://www.creema.jp/item/9825281/detail
【グリーン】https://www.creema.jp/item/9824694/detail

2020年7月23日 (木)

神在り祭ー4 万九千神社 (まんくせんじんじゃ)

7月23日の誕生花  アリウム・ギガンチューム

花言葉:         正しい主張、無限の悲しみ
723
Photo_20200703061301
Photo_20200718073101
     出雲15神社巡り

 

意宇六社

      熊野大社・神魂神社・八重垣神社・真名井神社・
 ブログ       5月7日  5月14日  5月21日   5月28日

             六所神社・揖夜神社
ブログ  6月4日  6月11日

出雲四大神4社
     熊野大社・出雲大社・佐太神社・能義神社
ブログ   5月7日 6月25日 7月2日  7月9日

神在り月当番順4社
     朝山神社・出雲大社・佐太神社・万九千神社
ブログ   7月16日 6月25日 7月2日  7月23日

須佐之男命 関連5神社
      須佐神社・須賀神社・八重垣神社・斐伊神社・
ブログ      7月30日  8月6日    5月21日      8月13日

              稲田神社
ブログ   8月20日



 

 

出雲 万九千神社  (まんくせんじんじゃ)・立虫神社
 島根県出雲市斐川町併川258    0853-72-2032  
0_20200428084901
       神在り祭 順番

① 朝山神社  7月16日更新済み
    集合、「神議り」前の休息、旅の疲れを癒す

② 出雲大社  6月25日更新済み
「神議り」

③ 佐太神社  7月2日更新済み
    母神「伊邪那美命(イザナミノミコト)」のお墓参り

④ 万九千神社 7月23日更新
 「神議り」の継続、直会(なおらい)


ヤマタノオロチ伝説や数々の神話で知られる斐伊川(ひいかわ)が流れる島根県出雲市の斐川町に万九千神社(まんくせんじんじゃ)はあります。出雲の国に集まった八百万の神が神議りという会議や神宴(直会)などの食事のあと最後に立ち寄ったとされる神社です。陰暦10月のこちらでは神在月26日に神々が夫々の国へ戻っていくと伝えられています。この神社の祭り神は櫛御気奴命、大穴牟遅命、少彦名命の三柱と国内中の八百万の神になります。
         
境内入り口鳥居 
1_20200428085001
12_20200428085101

   阿形の狛犬
      吽形の狛犬
21_202004280851012_20200428085101

手水鉢
3_20200428085201 

右手が万九千神社、左手が立虫神社です

4_20200428085301

立虫神社拝殿から時計回りに参詣しました。まず境内社
「金毘羅社」
5_20200428085301
6_20200428085701
7_20200428085701 
9_20200428090301 
10_20200428090401 
12_20200428090401
13_20200428090401
        万九千神社 拝殿
14_20200428090601

平成26年完成した拝殿内部は、まだ檜の香りがします
15_20200428090701

    平成26年造られた大きな絵馬
151_20200428090701 
本殿は、神様が宿られる 磐境(いわさか)と、神籬(ひもろぎ)です。二重に囲まれた玉垣の中、磐座と幣殿の間に榊(さかき)が植えられている
Photo_20200428091201

拝殿裏にそびえる高さ3mの磐座。祭神に櫛御気奴命(くしみけぬのみこと)、大穴牟遅命(おおなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)、八百萬神( やおよろずのかみ)の4神が祀られている。
Photo_20200428091401 
立虫神社は、出雲市斐川町併川地区の氏神さま、地元の神立、千家に住まいする人々から厚い信仰が寄せられているお宮です。平成26年に再建された新しい拝殿です。Photo_20200428091501

もとは斐伊川の中洲に鎮座していましたが、江戸時代前期、寛文10年(1670年)頃、洪水の影響により、現在の万九千社境内に遷されました。
         内 陣
Photo_20200428091502

      立虫神社 本殿
8_20200428091601 



Photo_20200629134101

                         ☆NEW ARRIVAL☆

これからの季節に大活躍すること間違いなしのオーバーサイズ・
プルオーバーを2柄✖️2デザインご用意いたしました😽
今回も通気性の良いお揃いの夏マスクとセットでお届けします♪😷

どちらも猫の模様がプリントされた通気性の良い上質なさらさら
コットンローンにベースにした着回し抜群のプルオーバーです♪
《minne》
https://minne.com/yukanekos

《BASE》
https://nekos.theshop.jp/

《creema》
https://www.creema.jp/c/nekos

✉送料無料✉
\ブラックキャット/
\ドローイングキャット/
コットン100% ボートネック切替プルオーバー+マスクセット

2_20200629134101
4_20200629134101

✉送料無料✉
\ブラックキャット/
\ドローイングキャット/
ウエストリボン付き切替プルオーバー+マスクセット

6_20200629134201
8_20200629134201

マスクのみの2枚セットもご用意しております😷

コットン100%ローンとWガーゼで作ったお肌に優しい快適夏マスクの2枚セットです。
上下端はアクセントカラーでパイピングしました♪

通気性が良く、より快適に呼吸がしやすいように、中心部分の立体を高く、サイズも大きめに作りました。
中心部で中綴じしてありますので内布を吸い込むこともなく、お洗濯しても型崩れしにくくなっています。
耳が痛くなりにくい優しい付け心地のウーリースピンテープを30cmお通して結ばずにお届けします。

男性にもお使いいただける縦14cm×横 21cm の大きめサイズです。
 

106413912_4247583521926360_6969637605345
               7月の新作カラー


          涼しげなパステルカラーの空に
     カモメや雲が描かれた爽やかな生地で
       大きな丸いリボンを作りました。
21_20200701050501
       リボンの縁取りは配色ストライプで爽快に♪
     リボンの下には熱帯魚のチャームを付けました。
24_20200701050601

【カモメリボン】 ¥1600(税込)
🔹BASE店🔹
https://nekos.theshop.jp/items/31109099

🔹minne店🔹
【ピンク】https://minne.com/items/23702477
【グリーン】https://minne.com/items/23701145

🔹creema店🔹
【ピンク】https://www.creema.jp/item/9825281/detail
【グリーン】https://www.creema.jp/item/9824694/detail

2020年7月16日 (木)

出雲 神在り祭-1 朝山神社

7月16日の誕生花   ハマヒルガオ (浜昼顔)

花言葉:             絆、交誼、休息、
716
Photo_20200703061301
Photo_20200718073101
                 出雲15神社巡り


意宇六社

      熊野大社・神魂神社・八重垣神社・真名井神社・
 ブログ       5月7日  5月14日  5月21日   5月28日
 
           六所神社・揖夜神社
ブログ  6月4日  6月11日


出雲四大神4社

     熊野大社・出雲大社・佐太神社・能義神社
ブログ   5月7日 6月25日 7月2日  7月9日


神在り月当番順4社

     朝山神社・出雲大社・佐太神社・万九千神社
ブログ   7月16日 6月25日 7月2日  7月23日


須佐之男命 関連5神社

      須佐神社・須賀神社・八重垣神社・斐伊神社・
ブログ      7月30日  8月6日    5月21日      8月13日

              稲田神社
ブログ   8月20日
           神在り祭 順番

① 朝山神社  
  集合、「神議り」前の休息、旅の疲れを癒す

② 出雲大社   6月25日更新済み
 「神議り」
  
③ 佐太神社   7月2日更新済み
 母神「伊邪那美命(イザナミノミコト)」のお墓参り

④ 万九千神社  7月23日更新予定
 「神議り」の継続、直会(なおらい)

朝山神社(あさやまじんじゃ)出雲市朝山町1404
旧暦10月1日、現代の暦では10月末から11月初旬あたり、出雲ではこの日から神在月(かみありづき)となります。神在とは名の通り、神様が出雲にお集まりになるからであり、この期間中は出雲以外では「神無月(かんなづき)」と呼びます。そんな神在月の到来を告げる神事が朝山神社で行われます。
21_20200429082901

主祭神名 御祭神は眞玉著玉之邑日女命(マタマツクタマノムラヒメノミコト)、神魂命(カミムスビノミコト)、大穴牟遅命(オオムナチノミコト)、大己貴命(オオナムチノミコト)。
大国主命が愛し、朝ごとに姫様のところへ通ったので、この地は「朝山の郷」と呼ばれるようになりました。
大国主命にはたくさんの呼び名があります。
Img_4655
大国主命(おおくにぬしのみこと)
大穴牟遅神(おおなむじのかみ)
葦原色許男神(あしはらしこおのかみ)
八千矛神(やちほこのかみ)
宇都志国玉神(うつしくにたまのかみ)
所造天下大神(あめのしたつくらししおおかみ)
 
出雲市駅から国道184号線で立久恵峡 へ向かうと左に「朝山神社・朝山森林公園」の案内板が有ります。
細い脇道に入ると正面に朝山神社一の鳥居が正面に現れます。20_20200429082801

朝山神社は出雲風土記によると、宇比多伎山(ういたきやま)の標高180mの山頂に鎮座されている。 

参道は 駐車場も無く山道で草も刈られていないので、参道を行くのを諦め車で直進した。
121_20200429082801

5分も走ると「朝山森林公園」に出ました。公園の一角に案内板と朝山神社の第二鳥居が有りました。
61_20200429083201

第二鳥居から短い山道
3_20200429082901

鳥居左脇にある駐車場に車を入れて緩やかな参道を進みました。
4_20200429082901

鳥居をくぐり参道を行くとすぐに「随神門」が見えます
42_20200429094201
1_20200429082701
「随神門」(神様を守る随身が左右に安置されています)
5_20200429094201

随神門をくぐると左に手水舎が有ります
6_20200429094501

正面に拝殿が有ります
0_20200429094801

拝殿の扁額はグリーンで書かれたいました。
Photo_20200429094901

神紋は麗しい心を持つといわれる姫神様にぴったりの百合の花です 

72_20200429095001

偶然に宮司さんが居られ内陣を見えていただきました。
73_20200429095101

ご朱印は、宮司さんは普段不在で、お賽銭箱横の引き出しにお墨書きが入っており、自分で書き込むのが普通らしいのですが、今回は書いていただきました。
742

朝山神社の主祭神は出雲國風土記に名前の見える大国主大神の妻  真玉著玉之邑日女命(マタマツクタマノムラヒメ)
81_20200429101801

ご本殿 左に 末社 猿田彦命をお祀りしている「舟子神社」が並んでいます
Photo_20200429095401

その左には「天照」を祀る石が置かれていました
114

本殿右脇には十九社神社が有ります
91_20200429100001 

朝山十九社 御祭神 八百萬神
10_20200429100101

 星宮神社 御祭神 皇之命 
右 杉尾神社御祭神 豊受姫命
11_20200429100201 

拝観を終えて神社左奥にある「雲井神苑」に」向かいました
120_20200429101101

12_20200429101201

出典
ウィキペディア
関和彦『『出雲国風土記』註論』 2006年 明石書店
白井永二・土岐昌訓編『新装普及版 神社辞典



Photo_20200629134101

                         ☆NEW ARRIVAL☆

これからの季節に大活躍すること間違いなしのオーバーサイズ・
プルオーバーを2柄✖️2デザインご用意いたしました😽
今回も通気性の良いお揃いの夏マスクとセットでお届けします♪😷

どちらも猫の模様がプリントされた通気性の良い上質なさらさら
コットンローンにベースにした着回し抜群のプルオーバーです♪
《minne》
https://minne.com/yukanekos

《BASE》
https://nekos.theshop.jp/

《creema》
https://www.creema.jp/c/nekos

✉送料無料✉
\ブラックキャット/
\ドローイングキャット/
コットン100% ボートネック切替プルオーバー+マスクセット

2_20200629134101
4_20200629134101

✉送料無料✉
\ブラックキャット/
\ドローイングキャット/
ウエストリボン付き切替プルオーバー+マスクセット

6_20200629134201
8_20200629134201

マスクのみの2枚セットもご用意しております😷

コットン100%ローンとWガーゼで作ったお肌に優しい快適夏マスクの2枚セットです。
上下端はアクセントカラーでパイピングしました♪

通気性が良く、より快適に呼吸がしやすいように、中心部分の立体を高く、サイズも大きめに作りました。
中心部で中綴じしてありますので内布を吸い込むこともなく、お洗濯しても型崩れしにくくなっています。
耳が痛くなりにくい優しい付け心地のウーリースピンテープを30cmお通して結ばずにお届けします。

男性にもお使いいただける縦14cm×横 21cm の大きめサイズです。
 

106413912_4247583521926360_6969637605345 

            7月の新作カラー


          涼しげなパステルカラーの空に
     カモメや雲が描かれた爽やかな生地で
       大きな丸いリボンを作りました。
21_20200701050501
       リボンの縁取りは配色ストライプで爽快に♪
     リボンの下には熱帯魚のチャームを付けました。
24_20200701050601

【カモメリボン】 ¥1600(税込)
🔹BASE店🔹
https://nekos.theshop.jp/items/31109099

🔹minne店🔹
【ピンク】https://minne.com/items/23702477
【グリーン】https://minne.com/items/23701145

🔹creema店🔹
【ピンク】https://www.creema.jp/item/9825281/detail
【グリーン】https://www.creema.jp/item/9824694/detail

より以前の記事一覧